steam版「Bladed Fury(ブレイドフューリー)」評価・レビュー

スポンサーリンク

steam版「Bladed Fury(ブレイドフューリー)」評価・レビュー

 

どうも、ヌヌです。

steam版「Bladed Fury(ブレイドフューリー)」を評価・レビュー

スポンサーリンク

「Bladed Fury(ブレイドフューリー)」とは?

これは、古典的な味わいとファンタジーの要素を取り入れた2Dのアクションゲーム。
中国の古代神話と春秋戦国の歴史を基に、超現実主義のファンタジー設定を取り入れました。

ストーリー

戦国初年、斉国の権臣田和の策略により、斉康公は薨去し,王姬季姜は濡れ衣を着せられ追放され、姉叔姜はとらわれの身となる、姜氏は滅ぼされ、後に田氏代斉と語れられる。
季姜は国の仇と冤罪を背負い、この乱世で正義を求めるが挫折と失敗を繰り返す、しかしその先に復讐よりも大切な物を知る。

流浪の道中,季姜は太古の神后羿と精衛に巡り合う、彼らの助けにより英魂の力を会得し、斉の宮殿に舞い戻る。
季姜はこの場が終点ではなく、新世界の始まりに気付く……

ゲームの特徴

芸術の表現:独特の美術スタイル、神秘的な中国要素。
戦闘体験:自由でスムーズな動作と技、テクニカル要素が豊富な戦闘体験。
豊富なシステム:英魂などのシステムは戦闘に異なるリズムとテクニックの奥深さを与え、戦闘の爽快感と美術の表現力を上げる。

ーsteamストアページよりー

プレイした感想

PSP「朧村正」を彷彿とさせる横スクロールアクションゲーム。

和風でもあり、中国風でもあり、独特の世界観と雰囲気を併せ持ち、

肝心のアクション要素はというと、プレイヤーが好みに攻撃コンボの組み合わせを作っていけるかのような快適性と爽快さがある。

ボス戦は難易度が高いわけではないが(アクションゲームは好きだが得意ではない)、

一定の手ごたえを感じることができ、世界観も相まって面白い。

残念な所は日本語訳が不自然な所が多く、肝心な部分で物語に入り込めない所と、

せっかくアクション面での快適・爽快感があるのに、武器のカスタマイズ性が無い所でしょうか。

総評・まとめ

というわけでsteam版「Bladed Fury(ブレイドフューリー)」に関して基本情報と個人的評価を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?。

ストーリーはともかく、アクション性を求めるプレイヤーにはオススメかもしれません。

steam版「Bladed Fury(ブレイドフューリー)」の評価は・・・

6.5/10点です。

関連動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました