steam版「DOOM(ドゥーム)」評価・レビュー

スポンサーリンク

steam版「DOOM(ドゥーム)」評価・レビュー

 

どうも、ヌヌです。

steam版「DOOM(ドゥーム)」を評価・レビュー。

注意点としてましては無印版「DOOM」のレビューになります。

エターナルのレビューではありません。

スポンサーリンク

DOOM(ドゥーム)とは?

ファーストパーソンシューティングゲームのジャンルを開拓し、マルチプレイヤーデスマッチを作成したスタジオであるid softwareによって開発された、DOOMは、残酷に楽しく挑戦的な現代のシューティングゲーム体験として戻ってきます。

執拗な悪魔、信じられないほど破壊的な銃、そして速くて滑らかな動きは、シングルプレイヤーキャンペーンで地獄の深さを通して悪魔の大群を全滅させているか、多数のマルチプレイヤーで友達と競争しているかにかかわらず、激しい一人称戦闘の基盤を提供します 。

DOOM SnapMapゲームエディターを使用してゲームプレイ体験を拡張し、コンテンツを簡単に作成、再生、および世界と共有します。

ーsteamストアページよりー

ストーリー

あなたは理由でここに来ました。 火星にあるユニオンエアロスペースコーポレーションの大規模な研究施設は、猛烈で強力な悪魔に圧倒されており、彼らの世界と私たちの世界の間に立っているのは1人だけです。

唯一のDOOMマリンとして、あなたは1つのことをするように活性化されました-それらすべてを殺します。

ーsteamストアページよりー

プレイしてみた感想

DOOMシリーズは初見でプレイしましたが、主観視点系のシューティングアクションゲームはなかなかプレイしたことがなく、慣れるまでが結構大変なジャンルなのですが、俯瞰視点系というのかアンチャーテッドやトゥームレイダー等が好きなのと、グロ系が好きっていうのもあり、挑戦したタイトルでしたが、グラフィックが綺麗な分、目の疲労が加速しまくり大変でした。

難易度は一番簡単なモードで遊びましたが、難易度の高いものは手がつけられず…でしたね。

難易度設定を低く設定していてのプレイは倒すのに苦労する敵も中にはいましたが、通常のデーモンとの戦闘の際に色んな武器を駆使して戦えて楽しかったです。

ただ、進行不可になるバグが何回か発生していたのでそれがいただけない。

広いフロアでデーモンを殲滅しないと進めない状況の中、デーモンを殲滅したにもかかわらず、デーモンとの戦闘音楽が流れたまま敵がいない状況が2~3ヵ所くらいありました。

やむおえず、チャプター開始時までリセットして進めなおして先に進めたっていうことがあったので、これは改善してほしい。

あとは、他の同じジャンルのゲームにもあることなのですが、ジャンプで飛び移る先がものすごくわかりにくい。

ゲーム的に暗い場所から暗い場所へジャンプ移動、崖つかまり、崖登りっていうパターンが何回もあるんですが、距離的に微妙で、ここ届くかな?ってジャンプするとつかまろうともせずに落下死なんてこともざらに。

あとはストーリーがゲーム独自の言葉も多い(他の別ジャンルのゲームもそうですが)ため、世界観に入り込めないままラスボスって事も。

ストーリーよりもデーモンとの闘いを楽しみつつ無双するって感じでしょうか。

まとめ

というわけでsteam版「DOOM(ドゥーム)」について書いてきましたがいかがだったでしょうか?。FPS系アクションシューティング系が得意なプレイヤーとはまた別の視点、評価になると思います。

steam版「DOOM(ドゥーム)」の評価は・・・

6/10点です。

飛び移り先のわかりにくさや進行不能バグがなければもっとよかったのですが・・・。

関連動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました