【戦国無双5】キャラ育成・武器強化への道

スポンサーリンク

どうも、ヌヌです

2021年6月24日に発売になりました「戦国無双5」。

戦国無双4は真田家を中心とし、4ー2では井伊直虎をメインとし、真田丸では真田幸村にスポットをあてた作品でした。

今作「戦国無双5」では「織田信長」を中心として物語を構成してあるようで、

プレイアブルキャラはシリーズから比べると少ないと思われる26キャラクター。

スポンサーリンク

メインモード「無双演武」

戦国時代の物語が楽しめるメインモードの「無双演武」

このモードを進めることで「堅城演武」やコレクション要素の「宝物庫」等が解禁できるようになり、この「無双演武」で「居城」のレベルが上がることで成長要素に関わる要素があげられるようになっている

成長要素の「堅城演武」

「堅城演武」では、時間制限のあるミッションをスコアを稼ぎながらクリアすることで入手できる素材を集めて「施設」の強化をすることができる。

ミッションによって入手できる素材の量が違い、評価が良ければボーナスとしてもらえる素材も増える。

出陣:戦闘マップ選択

道場:キャラクターの育成に関わる施設

道場:武将強化

ストック経験値を使った階級UP(階級をあげることで成長上限のUP、攻撃アクションの追加、武器熟練度の上昇)

道場:武将強化:技能習得

各キャラクターに1つづつ用意された家紋背景の技能習得盤(FFXのスフィア盤みたいなもの?)で体力ゲージや無双ゲージ、体力回復量等を上げる事ができます。

ロックがかかった部分の開放はキャラクターの階級によって解除ができます。

道場:武将強化:訓練

ストック勲功を使用してキャラクターの階級をあげることができます

道場:武将強化:武器熟練度上昇

今作のキャラクターは初期装備の武器だけでなく、槍や弓といった他の装備も装備が可能です。それぞれに熟練度が存在し使い込むことで上昇します。

道場:装備変更

武器はメイン武器からだけでなく多種多様に武器を装備することができるようです。

閃技はステータスをあげるや、無双ゲージを増やすものだけでなく、盾を持つ兵にたいして有効な攻撃手段ともなる攻撃技があり、キャラクターによって階級上昇によって習得する閃技もあります。

道場:兵科装備

兵を召喚して装備ができ、使用していくとレベルが上がり、さらに色んな種類の兵が選択できるようになる。

鍛冶屋:武器強化に関わる施設

鍛冶屋:武器鍛工

武器に付与されている能力のレベルアップ(お金が必要)

鍛冶屋:武器分解

不要になった武器を分解して換金、付与されている能力の取り出し

鍛冶屋:武器錬成

能力を武器に付与させる(武器錬成は施設レベル3~お金と素材が必要かつ無双演武の進行条件あり)

鍛冶屋:施設強化

鍛冶屋の施設レベルを上昇させることができる。

上昇させるには素材とお金が必要となり、施設レベル上限解放は「無双演武」の進行具合によって決まっている

よろず屋:アイテムの売買に関わる施設

店員さんは相変わらずのこの方が担当のようです。

こちらでは武器、強化素材等が購入、または売却ができる場所となっています。

施設強化することで購入可能な道具が増えたり、質がよくなるようです。

厩(うまや):軍馬に関わる施設

馬を購入または売却、軍馬の情報を確認したりとできる施設です。

今作では馬に能力を付ける事ができ、能力継承(フュージョン的な感じだと思われる)によって強化することができます。

軍馬に乗った状態での攻撃等によって経験値が入り、馬の階級も上げることができます。

庵:イベントを見ることができる

堅城演武では2人のキャラクターでミッションをクリアすることで親密度が上昇し、MAX(100)まで上がることでイベントが見れるようになります。

まとめ

今作「戦国無双5」は無双演武によるストーリー進行をしながら武器強化やキャラクターの強化をしていきたい場合は、「堅城演武」も織り交ぜて遊びながらキャラクターの強化、武器の強化をしていく形で遊んでいくような流れになっているようです。

個人的には早めに「武器錬成」ができるようになりたく進めてみたのですが、「無双演武」の進行具合がまだ届いていなかったので、無双演武を進めて様子を見てみようかと考えています。

プレイし始めて4時間半くらいのプレイ時間ですが、スイッチ版でも敵のわらわら感がすごいです。グラフィックや処理の部分は多少難があるのかもしれませんが、慣れてきているので・・・。

7月にはPC版も販売が開始されるので、待てる方でPCスペックがある方はそちらを購入するのもアリかなと思いました。

とりあえず、現段階としては楽しめている作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました