TokyoRPGFactory新作「鬼ノ哭ク邦」体験版を評価・レビュー

スポンサーリンク

TokyoRPGFactoryの新作RPG「鬼ノ哭ク邦」(オニノナククニ)の体験版が2019年7月23日に配信開始されましたのでさっそくプレイし、ご紹介と体験版段階での評価レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Tokyo RPG Factoryとは?

Tokyo RPG Factoryは過去に2作品をスクウェア・エニックスに作品提供している会社で、

過去2作品は「ロストスフィア」と、「いけにえと雪のセツナ」を世に繰り出しているゲームメーカーになります。

今回とりあげる「鬼ノ哭ク邦」は3作品目になり、どんなRPGになるのかと気になっていた作品でしたので、体験版が配信されたことで発売日前に触れるのは嬉しい限りですね。

それでは、「鬼ノ哭ク邦」の紹介・レビューいってみましょ~!

PS4「鬼ノ哭ク邦」体験版レビュー

難易度選択が可能

ゲーム開始時に難易度選択ができ、3段階の中から選択する事ができる。

今作はアクションRPGになっているので、アクション要素が苦手な方でも難易度選択があるのは安心してプレイできるかもしれないですね。

ゲームの雰囲気は暗く、物悲しいダークな感じ

冒頭に流れるテキスト。

両親が病死し、集まった大人達は口々に「悲しんではいけない」というのにまず違和感を感じた。

グラフィックは過去2作品と同等?

キャラクターはポリゴン的な部分も感じたが、トゥーンレンタリング風にも見て取れる部分もあった。

主人公カガチの両親が病死した日に現れた不思議な幼女

主人公のカガチの両親が病気で亡くなった日に現れた謎の幼女。

恐らくこの幼女こそが、この作品のキーパーソンなのだろうという臭いがプンプンしていた。

逝ク人守リという特殊な仕事

ヒロイン「マユラ」と主人公カガチが生業としている職業が「逝ク人守リ(いくともり)」

逝ク人守リ(いくともり)の相棒「鬼ビ人(おにびと)」

逝ク人守リ(いくともり)は鬼ビ人(おにびと)という相棒と行動を共にしている

相方にする「鬼ビ人(おにびと)」によって、武器や技が異なる上、攻撃や動作の特徴も変わる。

鬼ビ人(おにびと)のアイシャは刀を武器とし、ダッシュ攻撃や素早い立ち回りを得意とする。

体験版の道中で入手できる鬼ビ人(おにびと)のザーフは槍を武器とし、多少の攻撃では怯まない強さとジャンプ攻撃や直線的な攻撃を得意とする

戦闘操作はかんたん操作システム

操作説明画面がとてもシンプルで簡単操作設計なので直感的な操作でも問題ない

シームレスな戦闘

フィールドに敵が配置されており、画面が切り替わる事なく、そのまま戦闘になるシームレスバトルになっている

現シ世(うつしよ)・幽リ世(かくりよ)

現シ世(うつしよ)生者の世界と幽リ世(カクリヨ)死者の世界は表裏一体の関係にあり、同一空間上に存在する。

この2つの世界を行き来し、輪廻転生ができないでいる「迷い人」を救うのが逝ク人守リ(いくともり)の役目。

雰囲気が一気にかわる幽リ世(かくりよ)

幽リ世(かくりよ)で「迷イ人」を救おう

鬼ビ人(おにびと)の成長システム「枝奥樹(ぎおうじゅ)」

鬼ビ人(おにびと)は鬼魂(おにだま)を使用することで成長する事ができる。

鬼魂(おにだま)は鬼ビ人を使って戦い続ける事で入手できる。

枝奥樹(ぎおうじゅ)で鬼魂(おにだま)を使用する事で技やサブ効果等を覚える事ができる。また、覚えた技に関しては別途最大4つまで割り振りできる場所にわりふる必要がある。

中には鬼ビ人(おにびと)の記憶が封じられている者もあり、これを解放する事で鬼ビ人(おにびと)の記憶を思い出させることができる。

邦(くに)の理(ことわり)輪廻転生

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)の世界では輪廻転生を理としており、死者に対して悲しむ事により、死者をためらわせ、迷い、迷えば生まれ変わる事ができなくなる世界。

たとえ・・

それが、生者を殺す事になったとしても、迷い人が輪廻転生の道に戻れるのならば・・・

PS4「鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)」体験版のココが◎!

・ロード時間は短め

・戦闘切り替えがシームレスになっている

・鬼ビ人の切り替えによって武器や技が変わる

PS4「鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)」体験版のココが×!

・ザコモンスター戦闘BGMが無い(環境音はあり)

・現シ世から幽リ世への移動で硬直時間がある

・ボイスが一部しか無い

・ゲーム用語が多数序盤からでてくるので理解に時間がかかりそう

総評・まとめ

長々とSSを入れながら書いてきましたが、いかがだったでしょうか?。

体験版なのでこのまま製品版になるって事は無いと思うのですが、

一番気になったのは現シ世(うつしよ)から幽リ世(かくりよ)に移動した際のちょっとした硬直時間が気になりました。

戦闘アクション部分に関してはもちょっと爽快アクションな感じでもよかったのではないかと思いました(恐らく動画内でも言っています)

というわけで、鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)体験版の得点は・・

6.0点です。

良ゲーに近い感じのニュアンスを感じる部分が多いのだけど、細かいかゆい部分に手が届いていなくてあれ?あれ?ってなっているような気がします。

そして、このレビューはあくまでも「体験版」のレビューですので、製品版をもし発売後にプレイした場合は別扱いとなります(比べるとは思うけど)

関連動画

【単発実況】PS4「鬼ノ哭ク邦」体験版
ヌヌ
ヌヌ

Youtubeチャンネル「ヌヌのゲームチャンネル」では毎日18時更新でゲーム実況を配信しておりますので是非遊びに来てください!。

きすめ
きすめ

また、チャンネル登録も是非よろしくお願いします!。

——————————————

●鬼ノ哭ク邦

●公式サイトhttps://www.jp.square-enix.com/oninaki/

●開発:Tokyo RPG Factory販売:スクウェア・エニックス

●ハード:PS4・Switch・PC

●発売日:2019年8月22日

●価格(パッケージ版・ダウンロード版):5.800円+税

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました